スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

老眼治療は日本で行うことができるのか 

老眼治療は昔、日本で行うことはできませんでした。
しかし2004年から日本の眼科において老眼治療ができるようになりました。
その治療方法とはアメリカのFDAという日本で言う厚生労働省にあたる機関から認可を受けている唯一の治療方法です。
この治療方法と言うのは目の角膜部分にラジオ波を当てることにより、目のコラーゲン組織を収縮させて角膜をカーブさせるという手術方式になります。
この手術を行うと角膜がカーブすることになりますので、近くの物がはっきり見えるようになるということになります。
またこれによって懸念されるのが遠くは見えづらくなるのではないかということですが、これも極端に見えなくなると言ったことはありませんので気にしなくてもいいと思います。
治療は3~5分と非常に簡単に行うことができますが、老眼治療の効果としてはかなりの期待ができるようになっています。
ただし、皆が皆この治療方法が適用されるわけではなく、事前に適応検査を受けてパスした方だけ受けることができますので、きちんと検査は受けるようにしましょう。
検査には角膜形状解析という検査と、角膜内皮細胞検査という検査が必要になります。
手術を受ける前には担当の医師とよく話をして、不安点や疑問点などは全て明確にしておいてから手術に望むようにすることが大切です。
しかし注意する点があって、手術を受けたからと言って全員、老眼が改善されると言うわけではありません。
まれに改善されない人もいるようですので、その点は了承しておいた方がいいと思われます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。