スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

老眼と食べ物の関係性 

老眼に関係する食べ物で今、注目されている物質に「コンドロイチン」という物質があります。
この物質は眼の水晶体を調節する機能として活躍している「毛様体筋」に含まれている物質です。
眼の筋肉に直接含まれていますから当然、物質そのものが不足してしまうと眼に悪影響が出るようになり、病気になってしまう可能性さえでてくるようになるのです。
また、老眼が起きてしまう原因にもコンドロイチンが不足してしまったからということが挙げられるようです。
体内に不足してしまうのであれば、体外から摂取してみると言うのもいいと思います。
それに一番いいのはやはり食物から摂取するという方法が一番いいのではないかと思います。
コンドロイチンが含まれている食べ物としては、ネバネバ系の食べ物があるみたいでオクラ、納豆、山芋、なめこなどが代表的なところでしょう。
こういったネバネバ系の食べ物と言うのは普段の日本人の食生活によく出されるものが多いと思いますので、無理して食材を買わなくてもいいという利点があると思います。
また、ちょっと変わったところではフカヒレにもこのコンドロイチンが含まれているようです。
ただし、難点はこれらの食べ物からでも必要量のコンドロイチンの摂取は難しく、サプリメントなどの栄養補助食品などが注目を浴びています。
これは医薬品として発売されているみたいなので効果も期待できるかもしれませんね。
またサプリメントも適量摂取するようにしなければなりません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。