スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

老眼治療の一連の流れ 

老眼治療を決意した方にとっては、どういった流れで治療が行われて行くのかというのも不安要素ではないかと思います。
以下に簡単ではありますが治療に関する一連の流れをご説明します。
ただし、あくまでも例ですので、病院によっては異なる場合があります。
【老眼治療CK】
1.《適応検査》
まず、治療は誰にでも行えるわけではありません。
適応検査をして治療ができるかの判断をします。
治療が可能な場合、治療の日程を調整します。
ただし、コンタクトをしている人の場合は角膜の形状に影響があるかもしれませんので、しばらく使用を中止してから再度検査した方がいいかもしれません。
2.《治療当日》
治療自体は3~5分程度と短時間で終わります。
日帰りが可能です。
治療後は目を保護するためのコンタクトを着けて帰るようになります。
治療当日は目を酷使せずにゆっくり休むようにしてください。
注意点は1週間ほど、化粧を控えること、当日・翌日までは顔をなるべく濡らさないようにすることを心がけましょう。
また、激しい運動も控えましょう。
3.《翌日の検診》
翌日は治療の経過を検査しますので、検診を受けるようにしましょう。
4.《定期的な検診》
治療は上記で終わりと言うことではなく、回復や状況・治療の内容には個人差があるため、経過をきちんと確認していかなければなりません。
2週間目、3か月目、6か月目と短くても6ヶ月までは定期的に検診するようにすることが大切です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。