スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

老眼治療CKについて 

老眼を治療する方法のひとつにレーシックによる治療方法があります。
これは角膜を削ることで目のピントを合わせると言った方法です。
しかし角膜を削ると言った行為に抵抗を感じる方もいるのではないでしょうか。
そこで老眼治療には「伝導性角膜形成技術(略してCK)」という角膜を削らなくていい治療方法があるのです。
では、どういうような技術なのでしょうか?このCKという治療法ではラジオ波と呼ばれる高周波を角膜に当てます。
そうすると角膜にあるコラーゲン組織が一部収縮します。
この収縮を使って角膜をカーブさせていき、レーシックと同じように遠近両用レンズを作り上げると言う技術、治療法なのです。
遠近両用とはもともと老眼の場合、遠くは見えるのだから角膜の中心部分はそのままにしておいて遠くを見やすくしておいて、角膜の周辺部分だけに治療をして近くを見えるようにすることで遠くのものも近くのものもはっきり見えるようになると言うものです。
手術するときは、点眼麻酔が用いられますから痛みはないと思われます。
手術自体は3~5分程度と非常に短い時間で終わります。
術後は多少の違和感や痛み、乾きなどがあるかもしれませんが、慣れと点眼薬で大丈夫だと思います。
レーシックと流れ自体は似たようなものですが、CKの方が比較的簡単に終わるのではないかと思います。
老眼は治したい、けど角膜を削るのは怖いと思っている方にはとてもいい情報なのではないかと思いますので是非資料を請求してみるなどしてみてはいかがでしょうか。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。