スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

老眼には近視の人はならない? 

老眼ってなんとなく悲しい響きですよね。
老眼になってしまうと、治療をしたり、対策をしたり色々するようになるかもしれません。
そこで老眼のいろんな知識を知っておいてもいいのではないかと思いますので、参考にしてみてください。
老眼になると近くのものが見えづらくなり、遠くのものが見やすくなります。
それとは逆の症状として、近くのものが見やすくて、遠くのものが見えづらいと言った症状があります。
それが近視です。
こういう症状から、近視の方は老眼にはならないと言うように言われていますが、これは本当の事なのでしょうか? この考えは間違いです。
老眼とは近くのものが見えにくくなると言うものではなく、眼のピントを合わせる力が衰えてくることによって起こる現象なのです。
ですから、近視の方でも老眼にはなると言うことになります。
通常、近視の方はメガネやコンタクトを使用して遠くを見やすい状態にしています。
こういうような視力矯正をしているのであれば、メガネをかけるだけで完全に大丈夫と言うような感じではなく、メガネをかけると遠くを見ることができる。
メガネをはずすと近くのものを見ることができる。
というようにかけたり、外したりという状態になるのです。
こういった状態を考えると、通常は老眼になると老眼鏡をかけるところが、近視の人が老眼になるとメガネを外さなくてはならないと言った逆転の状態になってしまうのです。
こういった知識を持つことで、対応策も変わってくると思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。