スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

老眼治療にエピレーシック 

老眼治療の方法と言うのは色々な種類があります。
その中にレーシックという治療方法が存在するのですが、レーシックの中にもさまざまな種類があり、その中にエピレーシック(Epi-LASIK)という治療方法があります。
ご存知でしょうか? エピレーシックは通常のレーシックとはちょっと異なり、かなり薄い角膜の表面部分に角膜フラップという蓋のようなものを作った上でレーザーを当てて形成していきます。
この治療方法だと角膜を削る部分が少ないために角膜の厚みを残すことができます。
そのため、角膜の強度を十分に保つことができます。
レーシックの場合は、角膜が薄い人や強度の近視の人には適応検査で引っ掛かってしまうので、手術自体ができなくなるのですが、エピレーシックの場合にはそんな人でも手術ができるので、適応範囲が広がります。
エピレーシックは角膜の上層皮だけをフラップしますので、例え強い衝撃を眼に受けてこのフラップが外れた場合でも屈折に影響がないので、見え方が変わる可能性は少ないと言えます。
エピレーシックでの手術は角膜フラップという蓋のようなものが非常に薄いため、手術後は保護用のコンタクトレンズをして帰宅することになります。
また角膜フラップ部分の細胞は新陳代謝で新しく再生しますので、最後にはフラップ自体が消滅してしまうことになります。
こういったことがあることから、手術して視力が安定するまでには数週間~数ヶ月かかることがあります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。