スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レーシックで老眼治療は大丈夫? 

今までの通説からすると、老眼と言うのは一度なってしまっては治ることがなく、後は進行していくだけと言うような感じでした。
それが当たり前だと思っているけれども、老眼鏡をかけないで新聞や本が読めたらどんなに嬉しいことか分かりません。
現在ではこういった要望にも応えられるように治療に関する技術が年々進んできているようです。


そこで注目されたのがレーシック手術です。
このレーシックは本来近視の人向けの治療法なので、老眼の方には不向きとされてきました。
しかし新たな技術の進歩によってレーシックでの老眼治療が可能になってきているようです。


レーシックとは角膜を削って目のピントを合わせていくように調整をするのですが、この技術を近視用とは多少変えて老眼用に合わせます。
要するに老眼鏡1つで何でも見ようとするときは遠近両用のメガネが便利ですよね。
これを本物の目の角膜で作り上げ、目そのものを遠近両用にするようにしようという事なのです。
どういうことかというと、角膜の中心部は遠くが見えるように、角膜の周辺部は近くが見えるように角膜を削っていけばいいのです。
この術法を行うことにより老眼鏡無しで近くも遠くも見ることができるようになるでしょう。


ただし、全員がこの治療を受けられるという訳ではありません。
角膜を削る量が多いために角膜が薄い人は受けることができないのです。
ですから事前に適用できるかどうか検査を行います。
まずは目ぼしいところから資料を取り寄せてみるなどしてみてはいかがでしょうか。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。