スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レーシックで老眼治療は大丈夫? 

今までの通説からすると、老眼と言うのは一度なってしまっては治ることがなく、後は進行していくだけと言うような感じでした。
それが当たり前だと思っているけれども、老眼鏡をかけないで新聞や本が読めたらどんなに嬉しいことか分かりません。
現在ではこういった要望にも応えられるように治療に関する技術が年々進んできているようです。


そこで注目されたのがレーシック手術です。
このレーシックは本来近視の人向けの治療法なので、老眼の方には不向きとされてきました。
しかし新たな技術の進歩によってレーシックでの老眼治療が可能になってきているようです。


レーシックとは角膜を削って目のピントを合わせていくように調整をするのですが、この技術を近視用とは多少変えて老眼用に合わせます。
要するに老眼鏡1つで何でも見ようとするときは遠近両用のメガネが便利ですよね。
これを本物の目の角膜で作り上げ、目そのものを遠近両用にするようにしようという事なのです。
どういうことかというと、角膜の中心部は遠くが見えるように、角膜の周辺部は近くが見えるように角膜を削っていけばいいのです。
この術法を行うことにより老眼鏡無しで近くも遠くも見ることができるようになるでしょう。


ただし、全員がこの治療を受けられるという訳ではありません。
角膜を削る量が多いために角膜が薄い人は受けることができないのです。
ですから事前に適用できるかどうか検査を行います。
まずは目ぼしいところから資料を取り寄せてみるなどしてみてはいかがでしょうか。


スポンサーサイト

レーシックと老眼治療 

レーシックに対して誤解をしている方が多いように思えます。
例えば、レーシックをすると老眼が強くなってしまう。
レーシックをすると老眼になるのが早くなってしまう。
などの間違った認識です。
レーシックと老眼というのは関係性というのが全然ありません。
ただ、老眼に既になっている人がレーシックを受けるとします。
レーシックとは近視を矯正していきますので、もしかすると近くが見えづらくなるという可能性は出てくるかもしれません。
ですから老眼だって気づいてなかった人が老眼に気づいてしまったという感覚のほうが適切かもしれません。

では、いったい老眼を直すことができるレーシックとはどういうものがあると思いますか?下記に老眼治療に使用することができるレーシックの術式をご紹介してみたいと思いますので参考にしてみてください。


【モノビジョンレーシック】

このモノビジョンとは片目を遠視に、片目を近視にすると言った内容で、片目で近いものを見て、もう片目で遠いものを見るというものになります。

一気に手術するのではなく、検査段階で一度モノビジョン状態にして度数を決め、大丈夫なようなら手術と言った方法を取ります。

手術の方法は通常のレーシックと同じ方法を取ります。

注意点としては目の見え方が片目ずつで変わるために眼精疲労を起こす場合があります。
この状態になれるまでには1~3ヶ月ほどかかるかもしれません。

特に慣れるまでは運転には注意するようにしましょう。


老眼治療にレーシック 

老眼治療を考え始めるのは老眼が出て物が見づらくなってきたことが挙げられると思います。
早い人だと40代位から出始める人もいるのですが、たいていは50代後半くらいから出始めてくるようになると思います。
最初のうちは老眼鏡などで対処すると思うのですが徐々にそのわずらわしさから治療したい、治したいと思うようになると思います。


老眼治療にはレーシックで治療すると言う方法があります。
このレーシックにはモノビジョンレーシックという方法と老眼矯正レーシックという方法の2つの治療方法があるようです。


このうちモノビジョンレーシックに関することですが、これは片方の目を遠くが見えるように、もう片方の目を近くが見えるようにすると言ったような治療方法です。
治療方法としてはレーザーを使用して片方の目の角膜を近くが見えるような形状に変えて行き、もう片方の目の角膜を遠くが見えるような形状に変えていくといったような手術方法になります。


もうひとつのレーシックである老眼矯正レーシックという治療方法ですが、これはレーザーを使用することによって角膜の中心部を遠くが見えるようにして角膜の周辺部を近くが見えるように矯正していくと言った治療方法を取っています。

この治療方法は遠近両用のコンタクトレンズと同じような角膜形状にするというような感じになります。


モノビジョンのレーシックでも老眼矯正のレーシックでもどちらのレーシックの方法を取ったとしてもそれが自分に適している方法なのかどうかは分かりませんので、適正な検査を行い、医師の指示に従って行うようにするようにしましょう。


老眼治療とは 

老眼になってしまった人にお聞きします。
老眼って治らないって諦めていたりしませんか? 1.目を強く閉じる 2.5秒経ったら、パッと目を開ける 3.目を開けたまま目玉を右回転させる 4.左回転させる 5.5回くらい繰り返す 上記の方法は昔から老眼を改善させるために有効的だと言われている毛様大筋(水晶体を動かす筋肉)の鍛え方です。
とても簡単な方法なのですがデメリットとしてはなかなか効果が現れにくいので続かなくなると言った点が挙げられるでしょう。
ではもっと有効的な治療方法はないかと、日本でも2004年から老眼治療が取り入れられることになりました。
今日本で行われている老眼治療の方法とは、老眼治療の最先端を行くアメリカのFDA(米国食品医薬品局)で認可を受けている治療法で、「伝導性角膜形成術」という治療を行っています。
これは目の角膜にラジオ波というものをあてることにより角膜のカーブを変えていくという方法です。
治療と言っても施術時間はたったの3分ほどで簡単に、かつ安全に治療することができます。
この治療によって老眼特有の手元の見えづらさが改善されます。
これは角膜周辺のカーブを変えていますので、近くを見ることが出来るようになり、カーブを加えなかった角膜中心部においては従来どおり遠くを見ることができるので、老眼鏡をかけなくてもよくなります。
ただし、治療を行っているのは通常片目だけですので、詳しいことは専門医に聞いてみてください。

老眼治療の効果 

老眼治療という言葉はよく聞くと思いますがいったいどの程度の回復が期待できるのかは正直不安ですよね。
そこで老眼治療の最先端をいくアメリカの機関FDAでは臨床結果をとったそうです。
老眼治療CKの治療をしたあと12ヶ月間の追跡調査をしたところ、約98%の人が老眼鏡をかけないで新聞を読むことができるようになったという報告をしています。
では老眼の人が老眼鏡無しで生活する上でのメリットとはどういうものがあるのでしょうか?以下に記述してみますので参考にしてみてください。
・雑誌や新聞を読むときにわざわざ老眼鏡を取り出さなくて済むようになった。
・老眼鏡をかけるという行為の恥ずかしさから解放された。
・出掛ける際に老眼鏡を忘れるといった心配をしないですむようになった。
・小さな文字が読めるようになった。
・腕時計をメガネ無しで読めるようになった。
・パソコンが楽に打てるようになった。
・階段を踏み外す危険性が減り、安心して階段の上り降りができるようになった。
・外に食事に行ったとき、メニューを誰かに読んでもらわなくてもよくなった。
など、本当にさまざまなメリットがあります。
ただし、効果には個人差がありますので、全員が全員同じような効果が得られるとは限りませんが、これだけの効果が得られる可能性があるのであれば、ぜひ治療するということを検討してみてもいいのではないかと思います。
老眼に悩んでいる皆さんに、老眼は治療できるので諦めないでくださいと言うことを覚えておいてください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。